板橋区の新築一戸建てについて

板橋区は東京23区の中でも地価や家賃が安いので、住宅街として多くの需要があります。ベットタウンである埼玉にも隣接しているのと、都心への通勤通学の利便性がとても高いというのもひとつの理由です。
そのため、賃貸から新築一戸建て等の需要がとても高いです。板橋在住のポストに新築一戸建てや新築マンションの広告が多いところからも人気と需要が伺えます。
板橋は縦に長い区で、目的によって住む地域を分けたほうが良いです。一戸建てを建てる場合は、ある程度地価が安くて落ち着きのある閑静な住宅街が望ましいです。埼玉寄りの高島平や志村付近が有力候補です。その他には、池袋へのアクセスをしやすい上板橋や練馬へのアクセスも便利な小竹向原も人気があります。
一戸建てを購入する場合は、大抵の人はローンを選択すると思いますが、その場合は出来るだけ本年度中に購入するほうが望ましいです。2014年の4月から消費税8パーセントが導入されるため、本年度での駆け込み需要がとても高くなることが想定されています。また、できる限りローンをする際は頭金を多く払っておくと、後ほどの金利を節約することが可能です。
板橋で1戸建てを建てることのメリットは、天災への影響が少ないことが挙げられます。近年あった大地震を想定した場合、海が遠いため津波による被災の影響はまず考えられません。また、海岸付近であった液状化現象も海から遠くて地盤もしっかりしている陸地であるため心配はほとんどないと言えます。一戸建ては特に土地や地盤が建物の耐久に影響するため、土地選びは非常に重要な要素なのです。
また、板橋は都内有数のターミナル駅である池袋に隣接しているため様々な部分でメリットがあり、その中の一つとして大きな家電量販店や百貨店が多いため、買い物には困ることがありません。飲食店も豊富に存在しているので、様々な食を楽しむことが出来ます。ターミナル駅としての要素も大きいため、たくさんの路線を利用できる選択肢が存在しているので、都心へのアクセス利便性がとても良いです。板橋自身にも美術館や公園等、観光やリフレッシュすることが出来るスポットが多く存在しています。住宅街らしく、商店街も多く存在していてその中でも有名なのが大山ハッピーロード商店街です。
以上の事を考慮して考えると、板橋区で新築一戸建てを購入するメリットはとても多いことがわかります。一戸建て購入だけでなく、新築マンションの購入も多くのメリットを受けることが出来ます。