株式会社の会社設立について

民法という法律で権利の主体になれるのは個人と法人です。
そして法人の中で一番人々の中でみじかなものの会社があります。
人々が働くために就職するのも大多数の人は会社です。
そして会社はいろいろな事業をすることによってお客さんに物を売ったり、いろいろなサービスをすることによって利益をあげていくことになります。
そして会社は営利を目的として事業をしなければなりません。
そして会社を作るためには会社設立の手続きをして会社を設立することになります。
そして会社の種類ですが数年前に新しく施行された会社法という法律では株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4つの会社の形態が定められています。
そして会社の中で一番多い形態の会社は株式会社です。
また人々の間でも一番なじみのある会社の形態も株式会社です。
このためこれから事業を始めるためや個人事業者が法人成りをするために会社設立をする場合に選択される会社の種類は株式会社が圧倒的に多いと言えるでしょう。
そして株式会社の会社設立手続きについてですが、会社法が施行されてから手続きの規制が緩和されて簡易で会社設立の手続きをすることができるようになりました。
そして株式会社の会社設立手続きのやり方ですが、まず会社の創立者である発起人が社名、事業をする内容、本店などを定めて定款を作成することになります。
そして定款には必ず定めなければならない事項があります。
そして必ず定めなければならない事項のことを絶対的記載事項といいます。
そして定款を作成したら今度は設立しようとしている会社の本店所在地を管轄する公証人に対して作成した定款の認証を受ける必要があります。
そして公証人に定款の認証を受けるのと同時に発起人は役員、引き受ける株式の数、資本金、本店の具体的所在場所などを決めることになります。そしてその後発起人が出資金の払込をすることになります。
そして最後の設立しようとしている会社の本店所在地の管轄する法務局に会社設立の登記を申請することになります。
そして会社設立の登記が完了すると会社ができることになります。
そして会社法施行前に株式会社は取締役3人、監査役1人、取締役会を置く必要があり、役員になってくれる人を探す必要がありました。
しかし会社法が施行されてからいろいろな機関設計の株式会社を設立することができます。そして最低取締役1人の株式会社を設立することも可能です。
そして株式会社の会社設立の手続きは会社法や登記に関する知識を必要とするので専門家にお願いした方がいいと言えるでしょう。